蜑阪∈
谺。縺ク

英語と同じくらい学習をしておきたい中国語

外国語を学ぶなら何と言っても英語が1番と考えますが、複数の言葉を話せるとそれだけ何かとチャンスは広がります。
世界共通言語としても英語は大変優れていますし、マスターしておいて損はありません。
実は同じくらい学習をしておいて損がないのが、世界から注目を集める中国の言葉の中国語です。
日本の中学や高校では英語を勉強しますし、大学へ進学をすればフランス語やドイツ語を選択することもあります。
あまり学ぶにしては身近ではない言葉ですが、これからの時代に必要なのは英語とともに中国語です。
学生のうちに中国へ留学をする予定がない人でも、将来的に中国に住みたいと願っているわけではない人でも、中国で就職を希望しているわけではない人にも実は向いています。
国内の企業では英語が話せる人だけではなく、中国語を話せる人も求めているからです。
海外企業とのやり取りもある日本企業は多く、中国とのビジネスも活発になっています。
これから社会で活躍をする人にとって、学習をしておいて損はありません。

Page Top