前へ
次へ

中国語の習得は基礎学習が大切です

中国語は日本からも近く大きな国である中国で使用されている言語ですが、日本と中国は経済的な結びつきも強いので、英語の次に習得したい外国語になります。大企業では中国に出張をする機会もありますから、中国語ができれば昇進等をチャンスも増やす事ができます。日本語でもそうですが単語を理解していく事で、言葉として発する機会を得られます。極端な話が単語だけでも理解をしていれば、相手に何かを伝えたい時に、単語とジェスチャーを交えれば、何を伝えたいのかを相手に理解して貰えるケースがあります。ただ単語だけ覚えて終わらせてしまうのは勿体無いですから、文法も覚えていく事が大切です。ただ比重としては単語を覚える学習をメインに力を入れた方が、最終的に中国語をマスターするまでに掛かる時間が短く済みます。覚えた単語を家族等が居る場合は教えてあげるのも、記憶を頭の中に定着させる時に役立ちます。その為誰かに学習で覚えた事を教える癖をつけると、更に中国語をマスターしやすくなります。

Page Top